親友ができる人、できない人の決定的な違いとは

  • LINEで送る
kiyosumi

こんにちは。

 

今日は、親友の作り方について解説したいと思います。

こんなことを言うと、親友なんて作るものじゃなくて気づいたら勝手になってるものだって声が聞こえてきそうですね。

 

そう考えることのできるあなたは大丈夫です。

 

でもこんな風に思える人ばかりではありません。

世の中には親友と呼べる存在がいなくて寂しいなって思ってる人が実はたくさんいるんですよね。

 

なので今日はそんな人に向けたお話です。

 

まず結論をお伝えすると、親友ができない原因は親友を作ろうとしているその姿勢にあります。

作ろうとしているからできない。

だから作ろうとすることをやめる。

これが結論になります。

 

解説していきますね。

親友ができないのは、作ろうとしているから

 

ではどうして親友は作ろうとすればするほどできなくなるのでしょうか。

それは、親友を作ろうとしているその姿勢には、相手の趣味趣向を自分の思い通りにしてやろうという傲慢な態度が含まれているからです。

 

「好きになってもらおう」

「嫌われたくない」

 

こういった気持ちを抱いてしまう相手には、無意識に私たちはありのままの自分を隠してしまうようになります。

ありのままの自分を隠し、相手に好かれるであろう自分を演じ始めます。

すると、その二人の間には心の壁が生まれます。

 

人間は未知のものに対して恐怖を抱く生き物です。

生まれつきそういうプログラミングが私たちにはされています。

 

するとどうなるのか。

二人の関係は上辺だけで終わってしまうということになります。

 

だってありのままの姿を示してくれない人は不気味な存在なのですから。

本当は何を思っているんだろう、、まるでビジネス上の関係のような「遠い」存在に自らしてしまうということです。

そんな人に対して心を開いてくれる人などこの世にはほとんどいません。

 

まあ友人に限らず、恋愛においてもこんなことをしている人たちってものすごく多いんですけどね。

本質は同じです。

 

「好かれようとするから好かれない」

ただこれだけです。

 

ありのままの姿を示すことは、愛

 

では、どうすれば親友と呼べるような存在ができるのでしょうか。

先ほど結論として「親友を作ろうとしないこと」だとお伝えしましたが、これについてもう少し詳しく解説します。

 

さて、親友ができないのは、親友を作りたいが為にあなたがありのままの姿を相手に示してあげないことが原因だということが判明しました。

であるならば単純明快、先にあなたがありのままの姿を相手に示してあげれば良いわけですが、いきなりこんなことをしろと言われてできる人であれば、そもそもこんなことで悩んでないでしょう。笑

 

それではどうすればいいのか。

答えは、身も蓋もないようですが「ありのままの姿を示さない限り幸せになれない」というこの世の法則を受け入れることです。

 

そして相手よりも先にありのままの自分の姿を相手に示してあげられる力、この力こそが優しさであり強さであり、愛なのであると理解していること。

相手が先にありのままの姿を示してくれるのを待つのではなく、自分から示してあげること。

 

世の中に自分からありのままの姿を示してあげられる人って残念ながらそう多くありません。

世はマウンティング戦国時代です。

誰もが「より良く思われよう」と必死に自分を偽りながら生きているのが現代の世の中です。

 

そんな中でありのままの姿を示してくれる存在は誰にとっても貴重な存在です。

偽ることが当たり前、本当の自分などどこにいるのかも忘れてしまっている現代人にとって、マウントを取らなくて良い存在ほど一緒にいて幸せな人はいません。

そんな人に対して多くの人は心を開いてくれるでしょう。

 

そしてここで大切なのは、あなたがありのままの姿を示してあげられる愛に溢れた人だからといって、相手があなたのことを受け入れてくれるかどうかはまた別の話だということです。

 

嫌われてしまうこともあるでしょう。

それでも相手が格好つけたままマウンティングを続けていることもあるかもしれませんね。

 

でも、これはあなたにはどうしようもできないことです。

ありのままの姿が相手と合わなかったならば仕方ありません。

合わないなら会わない、ただそれだけです。

 

しかしその代わりに、ありのままの姿でいられるあなたの周りにはたくさんの人が集まってきます。

親友なんて気付いたらそこにいます。

 

世の中にはこの次元にすら到達しないでやれ友達作りだの恋愛だの言っている人がたくさんいます。

 

愛のない、優しさのかけらもない悲しい関係です。

でも、だからこそ愛を持ってありのままの姿でいられる人は輝くんです。

 

かけがえのない人ってそんな存在のことでしょう。

 

まとめ

 

親友に関しての話から人間関係全般の話になっちゃいましたが、結論はこうです。

 

好かれようとする人は好かれない。

一緒にいたい人とは、ありのままの姿を示してくれるから自分もありのままの姿を示すことができる人。

だからほんの少しの勇気を持って自分からありのままの姿を目の前の相手に示してあげる。

これが愛であり、魅力であり、優しさ。

 

気付いたらあなたには親友がいます。

 

今日も読んでくれてありがとうございました!そんじゃまた!

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*